渋谷でもおとなになっても歯列矯正治療が可能

これまでは、子供のための矯正治療でしたが、最近、渋谷の歯科医院においても、大人になってからで治療を始める人が多くなってきています。
歯肉が健康であるならば何歳でも矯正治療が可能です。

歯列をきれいに整えることで歯磨きがしやすくなったり、虫歯や歯周病を予防し、歯を長持ちさせることができるのです。

また、歯並びがきれいになるだけではなく、美しい側貌や笑顔が得られるのでクオリティオブライフや生活の質の向上にもつながるようになります。

顎が成長する段階の子供の場合には、顎に成長を利用して歯と顎を理想的な位置に整えながら治療を行うのですが、大人の場合には、顎の成長が終了しているので、顎の大きさをベースに治療を進めることになります。

表参道の矯正の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

このため、上顎、もしくは下顎の前歯が前方に突き出していつ状態では、一般的第1臼歯を抜いて治療する方法が渋谷の歯科医院でも行われます。

nanapiに有効な情報の紹介です。

治療は、基本的に子供と同じで、治療期間がやや長くかかるので、治療に対する理解と協力が得られやすく、良好な効果が期待でき須野です。
矯正治療だけで正しい咬合が得られない、下顎が上顎と比べて大きい場合や前歯がかみ合っていないなどの額編変形症の場合には、顎の骨を切る外科手術を行います。



この場合には、渋谷の歯科医院においても、手術の前に歯列を整える術前の矯正を行った後に手術を行い、さらに仕上げの矯正を行います。


このような手術は、健康保険が適用され、顎の成長が終了した18歳以降の人に行います。