遺留分減殺請求の概要

main-img

遺留分とは、相続時に遺言より優先して相続財産を受け取れる割合を言い、遺留分減殺請求とは遺留分を請求する手続きを言います。
例えば、遺言の全てを認めてしまうと、特定の人物に全ての遺産を残すなど、遺族が不利益を被る可能性があります。

遺留分は、そうしたケースを防ぐために民法によって定められたものであるため、その範囲は兄弟姉妹を除く法定相続人、つまり配偶者や子供、父母など被相続人に近い身内に限定されています。

日本経済新聞情報サイトについて考えます。

ただし、遺言も尊重されるべきものであるため、遺留分は相続人が遺留分減殺請求を行った場合に限り認められ、さらに保証される割合は相続財産の半分(相続人が父母や祖父母など直系尊属のみであれば三分の一)となっており、その相続財産を遺留分を相続人同士で分割することになります。


そして遺留分の請求は、相続人が遺言により遺留分が侵害されたと知った時から1年以内、または相続の開始後10年以内に行わなければならず、その期間を経過した場合は時効によりその請求権を失います。

請求には特に決まった手続きはなく、遺言で相続財産を受け取った人(遺留分を侵害した人)に請求するだけで効力を持ち、当然、請求を受けた人は遺留分の返還義務を負います。

待望の相続の無料相談の情報をご案内しているサイトです。

そのため、請求は内容証明郵便で遺留分減殺請求権を行使すると伝える方法が一般的です。


なお、請求しても遺留分が返還されない場合は、家庭裁判所に遺留分減殺調停を起こす事ができます。それでも解決しない場合は、地方裁判所あるいは簡易裁判所で民事訴訟による返還訴訟を起こす必要があります。



身に付けたい知識

subpage01

遺留分とは遺言に左右されず遺産を相続できる割合を言い、遺言により遺産を相続した人(遺留分を侵害した人)に対して遺留分を請求することを遺留分減殺請求と言います。遺留分は、遺族が遺言によって遺産を貰えないといった状況を防ぐために、民法によって定められています。...

more

みんなの常識

subpage02

弁護士相続と聞くと、富裕層や資産家のものであり、一般家庭には関係ないと思いがちですが、実際には一般家庭にこそ必要なものです。というのも、資産家などの富裕層は生前に、不動産の名義変更など資産の分割を済ませているので、死亡後に大きなトラブルになることはないのです。...

more

読めば解る

subpage03

誰かが亡くなったことによって生じる相続は時として大きな相続問題を引き起こすことがあります。特に財産が多い場合は誰がどういった割合で遺産を受け取るかについて紛争が起きることが極めて多く、それによって親族の仲が引き裂かれてしまうようなケースもあるでしょう。...

more

社会の特徴紹介

subpage04

家族の絆というのは切っても切れない程深いものですが、ひょんな事から一気に崩れ落ちる事があります。その代表格とも言えるのが、相続に関する事でしょう。...

more